上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
やってしまった・・・。
見つけてしまった・・・。

帰り道、何を思ったか、いつもと違う道を通ってみる。いつもの道よりも2つ隣の道。

そして見つけてしまった。
ほか弁を。

いやいやいや。
自炊するって決めたやん。
お腹いっぱい食べつつも、食費は節約するって決めたやん。
気合だー、自炊だー。


・・・ってことで、レッツちゅうもーん☆
よーし、からあげ弁当食べちゃうぞー☆
東京に来てから、から揚げ食べてないもんねー!!

と思ってメニュー見るとなんか高くなっている。記憶より90円ほど。


そう、頭ではから揚げ弁当って言ったつもりだったんだけど、口からは不思議なことに「ノリタルタル」という言葉が出てた。びっくりだね。口が安い弁当を勝手に注文してた。

そのとき、いや待て待て待て、とインサイドミーのヴォイスが。
やっぱりからあげ食べたい、そう思った僕は勇気を振り絞り、ちょっと待ったコールをかけようとした。

「・・・あn『ノリタルタルでーす。』・・・うん。」


さて、明日の出社は22時です。
今日はどのタイミングで寝ればいいのでしょう?


今日の屁文句
けっこう一人の時間が多いので、最近は妄想天国です。
スポンサーサイト
[ 2008.04.30 | 戯言 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
あ…ありのまま、今日起こった事を話すぜ!
米がネギ背負ってきたんだ。
何を言ってるかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった。


・・・つーわけで、実家から持ってきていた米が無くなってしまったので、近くの酒屋で米を買いました。

そしたら会計のときに「ネギをサービスしてます」つって、白ネギを3本(しかも土付き)もらった。
唐突だった上に白ネギだったので「ラッキー!!・・・なのか?」と一瞬ひるんでしまったが、ありがたく頂きました。親子丼に使ってみた。


さて、そんな今日は川崎へ行ってきましたよ。
今回は川崎周辺をウロウロして、タワレコと楽器屋さんとその他いろいろに行ってきました。
150円でいけるならまぁ満足かな。高宮・天神間と同じだもんね。


ラチッタデッラというキャナルみたいなところにも行ったのですが、そこでempty black boxというバンドの屋外ライブを観た。管楽器が4人いるロックバンド。
http://www.emptyblackbox.com/pc/index.html
(オフィサイトのトップ右下に映像へのリンクあり)

うめーなー、と思ってPAの真後ろとかで観てました。
今オフィサイト見てみたらフジロックにも出たんですね。
もしかして無料で観られたのはラッキーだったのか?

上手だったけど、やばい、かっちょえー、背筋ゾゾゾ、というところまでは行かなかった。

楽器多いと大変です。聴くのが忙しかった。どこを(誰を?)聴いたらいいかわからんくなる。耳が散る。ゆえに音楽に入り込めなかった・・・のか?よくわかりません。
りんご曰く、トランペットいないんだけど、上手いことやってた。

やっぱライブは良いですね。ワクワクしてしまいます。


その後、楽器屋に行った。
少し前にGibsonが出した、フロントとリアにEMGをつんでる黒いフライングVが4本あった。
ちょっと欲しかったけど、いや、さすがにもうこういうギターはええやろ、みたいな声が聞こえた気がしてスルーした。

給料の3ヶ月分をためて、シングルコイルのギターを買うんだもんね!

そういや、18,9くらいの子が2人、ベースとギターをそれぞれ試奏してたんだけど、これがクソ上手くてね。
いや、僕の方が絶対上手い(と信じたい)んだけど、こんな高校生みたいな子がこんなに上手なの!?って。東京こえーな、って思いました。
まぁ、厳密には神奈川だったんだけど。


ライブ観て、楽器屋さんにも行って、やっぱり楽器は大きい音を出さないとダメですね。ってのを思った1日でした。


今日の屁文句
EMG・・・。EMG・・・。
[ 2008.04.30 | 戯言 | コメント: 2 | PageTop↑ ]
昨日は、東京での音響新歓がありまして、お呼ばれしていたため行ってきました。

初めて歌舞伎町なる場所へ足を運んだのですが、アレですね。
アレが半分くらい出てるような人がいたり、あだ名がアレだろうなっていうような人がいたり、アレがアレしてる人がいたり、アレにアレさせようとするお兄ちゃんがいたり、なかなかアレな場所でした。


そうそう、在学中には知り合いでなかった人が、実は業界というか職場が同じで(会社は違うんだけどね)ニュースの部署におられるらしく、不思議な縁を感じました。


新歓の参加者の中で、2コ上はたぶん、島さん(フクシマさん)だけだったと思います。島さんともチョロっと話してINNの新しいCD期待してる旨も伝えてきました。んー、早く完成版が聞きたい。
http://www.myspace.com/innjapan
今のところ成りあがらNIGHTのデモしか聞けないですもんね。


そんなこんなで、同級生とも情報交換したりして。
基本的にみんな、今のところは楽しくないみたいですね。うーん。


帰りは新宿駅の場所がよくわからなかったので、サユミさんに送ってもらったりなんかして。w
だって新宿、2回目だったもんね、行ったの。


山の手の北側にももっと行ってみたいと思います。



今日の屁文句
K-onのMLを止めてもらうタイミングがわからない・・・。
[ 2008.04.28 | 戯言 | コメント: 2 | PageTop↑ ]
演出には答えが無数にある。
どれを選んでも間違いではないし、正解でもない。
ただ、それを選んだ理由が無いと失格。


作品を俯瞰で見て、そのテーマや役割をまず理解し、それから細かい部分に注目をしていく。
そうでないと、どう演出すべきかわからないはず。


完成形を思い描く。
そして、そこから逆算していけば、どこで何をすればいいのか、逆に何をしちゃいけないのかがわかってくる。


今日も濃かった。


嬉しかったことを一つ。
実習で課題を行ったのだが、尊敬している20才くらい上の先輩の演出と似たような演出をすることができた。
気持ち良いと思う感性が似ているのだろうと言われた。

ただし、作品中もっとも大事であろう部分の演出や細かーい部分では、到底及ばない大きな差があった。
簡単に言えば僕のは雑で洗練されてなかった。

そして、最終的に似たような形には一応なったんだけれども、演出をする前段階の土台の部分、テーマや全体図の把握について、深く考えきれていないということを指摘されてしまった。

直感的に組み立ててしまったんだけど、それじゃすぐに限界が来るだろうな。



今日の屁文句
考えることが多いからか、夜は良く眠れる。
[ 2008.04.24 | 戯言 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
ごめんよ、テンションが上がっているんだ。
MAはギタリストだったんだよ。泣きそうだ。
俺は今日、そう感じてテンションが上がり、退社後ちょー走って帰ってきて今ブログを書いてる。
また今日も長くなりそうだ。




今日はMAの研修だった。
詳しく書けないのが悔しいけど、先輩の仕事を見る機会があった。デモンストレーション的なものだったが。

数十秒の映像を新人の為に作ってくれたんだけど、これがマジですごかった。
僕は気持ちが高ぶって泣きそうになった。
大げさに聞こえるかもしれないけど、本当に。MAすごいなって。
先輩がやった作業は、映像に音をのせてちょっと調整しただけだったんだけど。




先輩のスキルに感激したのか、こんな仕事をやれる可能性があることが嬉しかったからか、何に心動かされたのかよくわからないけど、本当に泣きそうになった。とにかく感動して。

先輩はレベルの調整と音のタイミングの調整くらいしかしてないはずなんだけど、それが気持ちよくて。作業としては単純な方だったはずなんだけど、それすら今の僕にはとうていできないと直感できるほどにすばらしかった。




じゃあ、なんでそれがギタリストなのかという話だけど、僕はそのとき先輩が扱う音響卓が楽器に見えたわけ。
映像に合わせて音を乗せていく作業が、バッキングトラックに合わせてソロを入れるギタリストに見えた。

フェーダーの操作が、いわゆる一流演奏家のタッチのように絶妙だったのよ。
音の起伏に、ニュアンスや意思、説得力、かっこよさ、良くわからないけどそういうものを感じた。

具体的に書けないのがもどかしい。

チョーキングとかビブラートとかピッキングの強弱、そういうものに置き換えられそうなオペレーション。
それを自然にやるわけ。絶妙な演奏を自然に。
プロの演奏家が、バッキングトラックに合わせてフレーズを弾いてるかのように。


そして音作り。
ライブでも、演奏者はメインから出る音を想像しながら生音を決めると思うのね。
ギターだったら、ベースとバスドラにマスクされない様にややHIGHよりにセッティングしてみるとかね。

MAでも、家庭のテレビから出る音を想像して作ってる。作業時は高級機材を使ってデカい音で作業するわけだから。もちろん擬似的に小さいスピーカーで聞くことはするけど、
そんなのもギターに似てるな、と。実際に聴くことのできない音を想像しながら作るという意味で。




もちろんこういうのって、音に注意を向けない大多数な人には全く伝わらない部分だと思う。
自己満足やと言われればそれまでの領域かもしれない。


でも良い作品、不自然さを感じずに見られる作品てのは、そういう細かくわかりづらい部分の積み重ねによって生まれるわけじゃないですか。
そこにこだわりとかやりがいを感じて、誇りを持って仕事をしてる。職人だなぁって。

また、お客さんからのそういう細かい部分に対する注文を具現化したり、逆に自分がもっと良いと思えるアイディアがあるならそれを提案する。デザイナーでもあるわけだ。

さらには、オペレーションに自分だけのニュアンスやタッチを付加する演奏者でもある。

たまんないね。
気付いてなかったけど、やりたい仕事がある会社に就職できてた。
気付くの遅っ!

まだ配属はどこになるかわからないし、希望と違う仕事をする可能性は大いにある。
だから明日から絶対MAやらしてもらえるようにガンガン主張しようと思う。

これ、絶対やりたいわ。とりあえずの目標ができた。やったね。



今日の屁文句
先輩は、ギタリストじゃなく料理人に例えてたけどね。
[ 2008.04.23 | 戯言 | コメント: 2 | PageTop↑ ]
それじゃ、今日はまずコイツを見てくれ。



憧れ女性チェック
爆裂屁モンキーさんの好みのタイプの女性を診断しました。

まず、ロリコン属性評価ですが、爆裂屁モンキーさんの場合女性=大人といった感じでしょうか。綺麗な女性に憧れる傾向があります。
次に知的属性評価ですが、知的な女性でなければ嫌なようです。一流大学卒でバリバリのキャリアが無いと付き合わない傾向があります。
そして、大人しく一歩引いてくれるような女性を求めています。二人きりでは良く話すようなタイプが好みです。
女性の胸に関しては、こだわりはあまり無いようです。適度なふくらみがあれば文句は言わないタイプです。

さて、見た目からみた性格的な傾向ですが、ちょっときつい感じの女性が好きなようです。おっとりよりもハッキリしている女性に憧れています。
外見的な部分で言うと、かなり身長の高い女性が好みなようです。
短めのさわやかな髪型が好きなようです。

そんなあなたにオススメなのは…

1位 鈴木杏 (271.3点)
2位 田中麗奈 (259.9点)
3位 西川史子 (258.1点)

【 憧れ女性ちぇっく http://checker.from.tv 】



ふーん。あーわかるかかる。


そんな今日は、お台場の科学未来館にて開催されていたエイリアン展へ行ってきた。
エイリアンについて改めて考えてみた。良い機会だった。

エイリアンっつーのが、恐怖の対象であり、希望の対象なんだと。
まぁこれは展示会場に書いてあった内容なんだけども。

過去には神だとか悪魔だとか妖精だとか幽霊だとかが、得たいが知れない、でも存在してるかもしれないものとして人の興味や注意を惹きつけていたんだけども、それが今エイリアンになっていると。

そうなると、人というのは元来、得体の知れない恐怖を求めていたのか、と。
もしくは、よくわからない現象をそれらのせいにしてたのかもしれないね、と。


宇宙人についてそんなに深く考えたことなかったなぁ。



話は飛ぶけど、アルディメオラが超かっこ良い。今聞いてるんだけども。

家のそばにツタヤができたもんだから、早速CDを借りてみてね。

アルディメオラのエレガントジプシー
U.K.のU.K.
PLANET XのUNIVERSE
PS2ソフト、機動戦士ガンダム戦記のサントラ

あとは本当はアンディティモンズも借りてみたかったのだが、これは置いてなかった。
全部かっこいい。

ただしガンダム戦記のサントラの中にはゲームには出てこない、声優が歌ってる曲が収録されてる。これは個人的には残念だった。
このCDは本当に素晴らしい。だけど、なぜそんな蛇足なことをしちゃったのか、ていう部分がある。ゲームと一緒だね。その部分、要るの?って。無い方が魅力的じゃない?って。(きっとvnmタソならわかってくれると思う。)
残念だった。惜しいね。
足し算だけじゃダメなのよ、引き算も使わないと。


しかし、いかんなー、全然ミーハーじゃない。
でもしょうがない。こればっかりは。


すまん、話が戻る。

エイリアン展の後、しゃんぺ~さんと会う。ちょうどこっちに来てるっぽかったからメールしてみた。
新宿、初めて行ったみたいなとこありますよ。

僕がモニタースピーカーが欲しい、なんて言ったもんだから、色々とお店連れてってくれちゃったりなんかして。お疲れのところ申し訳ないです。お陰で良い買い物ができそうです。

んで、しゃんぺ~さんとメシを食いつつ色々お話。
またメシ行きましょう。多少なら飲みでも大丈夫です。多少なら・・・。



なんだか長いダラダラした日記になってしまった。
さて、明日からまた1週間頑張るぞー。


今日の屁文句
楽器屋とタワレコが近くにないのが不満
[ 2008.04.21 | 戯言 | コメント: 7 | PageTop↑ ]
みなさんは、フルーツポンチのポンチという言葉の存在意義を知っていますか?


さて、今日は久しぶりにスーツを着て、台場の荒れ狂う暴風雨の中、グチャグチャになりながら出社しました。

また今日も一本、傘が逝きました。
台場の風は、本当にすさまじい。

今日なんて、試しにジャンプしてみたら風に流されて5m後ろに着地しましたからね。
もー、本当に台風みたい。困ってしまう。


学生時代に「雨の日は休日」と自分ルールを定めていた僕にとって、雨・風・傘壊れるのコンボは本当に萎えます。
会社の入り口には雨天時のみ「壊れた傘用ゴミ箱」が設置されるのですが、それを見ても萎える。

梅雨時期が心配なってしまいました。


今日の屁文句
逆さに読むとテンション上がるよね。
[ 2008.04.18 | 戯言 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
会社が楽しいのは、まだ僕がたいした責任を背負ってないからだ、ということを思い知らされた一日であった。まだバイトと変わらんわー。


今日は、かなり実際の業務に近い形の作業を課された。映像を作ってみよう的な。

いやー難しい。
まず作業の手順を覚えるのが大変だし、そして業務機も使いこなせないし、さらに自分の作品はダメダメだし、仮に作品のダメな部分がわかったとしてもそれの対処方法は全くわからない。
くやしかー。

それは例えば、ギター初心者にドリアンスケールを使ったソロを弾いてみて、というようなもの。
もちろんドリアンスケールが何なのかとか、どう演奏すればドリアンスケールを使ったことになるかなんかは、わからなくなった時にその都度先輩から詳しく教えてもらえる。

理解できなくても良いから、とりあえずソロ弾いてみて。
そんな感じ。


今回の課題の意図は、操作方法を学ぶことでもなく、良い作品を作ることでもなかった。
そらそうだわな。右も左もわからんのやから。

要するに、自分にとっての課題を明確にするための研修だったようだ。
確かに、今日の研修では本当に学ばないといけないこと、普段から意識しておかないこと、たくさん見つかった。ざっと数えて8つくらい。
たぶん本当はもっともっとあるのでしょうが。


それを一度に頑張ろうとすると、オーバーヒートする、確実に。頭から煙出る。もしかすると鎖骨のあたりからも出るかもしれん。
先輩は焦らずに一つ一つ頑張れと声をかけてくれましたが、ホント気ばかり焦って何もできなくなってしまいそうです。



ただ、先のドリアンスケールの例じゃないですが、実際に「作る」こと自体に関しては、本当に楽しいんですよね。
良くわからなくて、上手くできなくて、自分が歯痒くても、やってること自体はとても楽しいわけです。
楽器もそうでしょ?


そこに責任とか、信頼とか、そういったものを背負ってくると楽しんでばかりじゃダメになるわけです。アルバイトのスタンスではいかんわけです。
もちろん楽しんで良いんだけど、やることだけはしっかりやらないと、って。
そういう部分に対して、お金を支払ってもらうわけですから。

ライブと同じね。せめてチケット代だとかお客さんがせっかく割いてくれた時間、その価値に見合うものは返さないといけないわけです。



自分が初心者であることを意識し、ヒヨっ子であることを意識し、どうやったら早く一人前になれるか考えながら生きてかないといけない。
どうやったら友達よりもギターが早く上達するか考えてた頃を思い出そう。


今日の屁文句
オイ、タバコ買って来い!イヤイヤ屁猿さん吸わないじゃん。
[ 2008.04.18 | 戯言 | コメント: 2 | PageTop↑ ]
時期尚早だとは思うんだけど、今のところ、この会社に入ってよかったと思ってる。


今日もまた研修だった。
研修つっても実際に業務に直接結びつく何かしらの作業をさせられたり、先輩の仕事を横で見てそのスキルを盗んだりとか、そういうことをしてるわけでは全くない。

仕事に関する基礎知識を知ることと、新人である僕達の考え方や物の見方を改革するのが目標らしく、今はよくわからない作業とかゲームとかディスカッションを行ってる。先輩達の試すような視線を浴びながら。


その研修の合間には先輩方(40歳前後)と話をしたりする(だべったりする)わけなんだけど、そんなちょっとした会話の中で感じたこと。
先輩達の物の見方は僕の大学6年間の延長線上にある。

物の見方、考え方、捉え方、気づき方、生み出し方、やり方、あと生き方。
似てる。というか全く同じ部分もあったりする。

詳しくは書かないが、僕の音楽の楽しみ方は、全く関係ないものを関連付けて化学実験してみたり、足を運ぶ全ての場所で何かしらアイディアを拾う努力をしたり、裏側から物をみたり、思いもよらない畑からアイディアを取り入れてみたり、とにかくそんな感じだった。
毎度毎度、頭を捻りながら、どうやったらおもしろい音楽になるか考えていた。

先輩達はそういったことを仕事にフィードバックさせるため、呼吸をするくらい自然にやってるっぽい。
そのせいか、引き出しが多いし、奥行きもある。弾数も多い。


6年そこそこの小坊主と20年のキャリアを第一線で積んできた先輩とでは差があって当然なんだけど、3年後くらいにはその差を埋められるようになっていたいなと思う。

経験、着眼点、頭の整理の方法。
う~ん、とにかく今の僕にはどれも全く足りなさ過ぎる。



まだ半月しかたってないんだけど、目標にできる先輩を3人見つけた。
これはすごく幸運なことだと思う。
僕もこんな姿勢で仕事ができるようになりたい。



話はちょっとそれるけど、僕が好きになる人、憧れる人の定義は、「僕にインスピレーションを与えてくれる人」なんですよね。僕の中に新しい風をもたらし新しい考え方を開拓してくれる人なんですよ。

大学時代に僕が仲良くさせてもらった人というのは、全てそんな人たちばかりでした。
もちろん打算的に人付き合いを選んでたわけではありません。自然とそうなってたんです。


そんな僕が、直感ですが、目標にしたいと思う先輩が3人も現れた。
ということは3人分の考えを吸収して、成長できる可能性があるわけです。成長できるかどうかは僕次第ですが。
こいつぁーウキウキします。
良くわからない人は学校の工作工房の主任さん(あえて名前は伏せる)が3人いると思ってくれたら良いです。


そんな環境にいるわけだから、楽しくないわけが無い。
世間一般で言うところの一流の社会人にはなれないかもしれないが、んなこたどうでもいい。
チャーミングでセクシーな人間になれるよう日々がむばる所存に候。

よし、明日も吸収だ。セルよろしく吸収だ。


今日の屁文句
いくらちゃーん、バーブー
[ 2008.04.16 | 戯言 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
月曜日だけど休み。
なんで週休3日やねん、というツッコミを頂きますが、どうせ今だけだから。どうせ今だけだから。


仕事柄、守秘しなくてはならないことが多いのですが、大丈夫な範囲で会社での出来事を少し。

とにかくね、会社でエレベーターに乗ってたら、アキ子WADAさんが乗ってきたわけですよ。
内心「アワワワワ」といった感じだったのですが、先輩からこーゆー時は変に意識するなと言われていたので平静を装っておりました。へーじょーしん、へーじょーしん。


僕は狂信的なファンなわけではありませんが、やっぱねー子どもの頃からテレビで見ていた人が、自分の右隣30cmに立っているとなると、変に緊張してしまいます。

福岡にいる頃、北島3郎さんのコンサートの裏方をやったことありますが、あの時もやっぱり変に緊張してしまったもの。


ミーハーなわけではないんだけど、やっぱり芸能人っつーのは会うと「おおっ」て思ってしまいますね。
まぁ、働いてたらそのうち、そう思わなくなるらしいですけども。


そうそう。突然だけど、僕ミーハーになろうと思います。
また突拍子もないことをとか思うでしょうが、必要なんです。ミーハー。

なんつーか同期とも先輩とも、話が合わない!!!!

(例)
「へぇ、音楽好きなんだ。どんなの聞くの?」
「ジョーサトリアーニです。」
「誰それ。知らんわ。」

終了。


もうね、正直言って困ってる。
というか、まいってる。

カンブリア宮殿のBGMの人です」とか「ニュースのスポーツコーナーのダイジェスト映像のバックで流れてるような音楽です」とかいうのはもう飽きた。飽きた寝る、っつー勢い。

しかも、なんとか伝わったとしてもそこから話が広がらん。
音楽に関しては、他人が食いつきやすい話題を何一つもってないわ。あちゃー。


やっぱり日本人の音楽を聞かんといかんのやろうか。
もうね、「聞かんといかんのやろうか」とか言う時点でダメね。不合格や。

ミーハー難しいなぁ。
How to ミーハー、How to ミーハー、please!っすよ、ホント。


映画に関しては、流行を追う傾向があるから、次から映画の話題でいこうかなぁ。
でも最近、あんまり観てないんだよなぁ。


今日の屁文句
どーれーミーハーそーらーしーどー
[ 2008.04.14 | 戯言 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
テスタメントの新作のデモを聴きましたが、なにやらカッコよさ気です。ワクワク。


木曜と金曜と連休を頂いていたわけですが、その隙に部屋を片付けたり快適にしたり買い物したりと、こまごましたことをやってのけました。いやー、スッキリした。
髪も切ったよ!


そうそう、みりんを買いたかったのですが、みりん「風」調味料しか見つけられなかった。
みりん風調味料とみりんとの違いは何なんでしょうね。
どっちがいいんでしょうね。どうでもいいんでしょうね。


昼間にドラマの再放送を見ていましたが、テレビドラマってなんだか雑ですよね。
時間との戦いになると、やっぱりそうなっちゃうのかなぁ。



さて、土曜と日曜は研修です。週末にしか学べないことを現場で学ぶ予定です。
座学ではないので時間が経つのは早いはず。


今日の屁文句
一人分の分量が把握できず作り過ぎる自炊
[ 2008.04.12 | 戯言 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
つうことで、明日はいよいよ平日だけど休みです。
その分、土日が仕事(というか研修)ですが。

明日はついに、椅子が届きます。
そう、今まだ机しかない。

机の上には液晶ディスプレイ、ミキサー、オーディオインターフェース、鍵盤付きMIDI音源、などがのっかっており、今すぐにでも録音してね、的な感じで僕を誘惑してるんですが、いかんせん椅子が無かった。

ベッドに座れば、キーボードを膝の上において、タイピングはできるんだけども、マウスに手が届かない。
こんな状況じゃブログは更新できても、録音は無理でしょー。

やっぱりギター弾いてないと生活に潤いがないですね。

東京に出てきてから、高校の頃のようにリフや曲のアイデアが溢れるように湧き出てくる。
これをきちんとストックして、曲として組み立てて、さらに形にする、この時間があまりとれないのが悔しい。



今日同期の飲み会で黒霧の水割りを飲んだのですが、これが薄かった。
さすがの俺も「馬鹿にしてんのか」と言いたくなる位、薄かった。
そんなことではダムは決壊せんぞ。


今日の屁文句
本日の貯水率、75%
[ 2008.04.10 | 戯言 | コメント: 2 | PageTop↑ ]
はい、自炊してますよ。
でも揚げ物はまだ怖いので、からあげは作れません。
からあげ食べたい。


明日の研修からスーツ着なくて良いんですが、春物の服をあんまり持ってないことに気が付いたので、昨日と今日、あわてて買い物に行ってきました。

あんまりカッチリしすぎると、なんか気取ってる風に見られるかもとか、あんまりダルダルなのもいかんやろうなぁとか考えながら、無難な感じのものを選ぶ。難しいね。
まだ雰囲気を掴みきれてないですから。


さて、久しぶりにギターを弾き倒しました。
まずハノンから始まって、それからアドリブのリフを30分弾き、その中の気に入ったリフを録音しそれに合わせてソロを30分。1時間半くらい。

少ない時間で効果的に練習せんと時間が足りんですね。


今日の屁文句
水が不味い。
[ 2008.04.06 | 戯言 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
東京で本格的に暮らし始めて1週間が経ちました。

日曜日に東京へ戻ってきて、しゃんぺ~さんからいただいたティケットを握り締め東京ドームへ。

感想
金かかってんなぁ。
俺なんかが来ててごめんなさい。

僕は、熱烈なファンではなかったけれども、母親がわりとエックス好きだったため(ファッションとか楽器壊すのは好きではなかったみたいだが)ほぼ全曲知っており、十分楽しめました。演出も派手だったしね。

ただね、周囲の観客との温度差を感じてしまってね。
周りは全員熱狂的なファンなわけですよ。そこへポーンと一人、なんとなく来ちゃった僕がいるわけ。
HIDEの映像が演奏と同期して流れたりするんだけども、隣の女子がそれ見て爆泣しちゃってる。そのとき僕は、これどうやって同期させてんの?うわ、あのムービングのサーチ、ド派手!階段がピカピカ光るのは無いわー、とか冷静に見ちゃってるんですね。

もともと僕はステージを引いた視点で見るのが大好きなので、このあたりはしょうがないかなと思うんですが、周りからしたらやっぱ迷惑だったかなぁ、とか思ったり。

いや、楽しみ方は人それぞれですよ。
たとえ周りから盛り上がってなく見えても、僕は心底楽しかったんだもの。
うんうん。


ライブの話はここまで・

今週は金曜日まで研修でした。

この研修を通して思ったのは、会社もバンドも変わらないね、ということ。

もちろん、責任の重さだとか、気の会う人だけでやるか気の会わない人ともやらないといけないかとかそういった大きな違いもあります。

ですが、どうすれば自分自身の能力が向上していくか、どうすれば自分が所属する母体が良くなっていくかというのは、実は根本は一緒なんだなと。

研修では何人かの偉い人が、仕事上で大事だよ、ということを話してくれましたが、それは大学6年間で僕が気をつけてたことと大体同じで、失礼ではあるが何をいまさらと思ってしまった。

ただ、頭の中でわかっているのと実際に行動して結果を出すことには大きな差があるのだから、僕はこれから頑張んなくてはいけない。

音楽で得たものをきちんと噛み砕いて、仕事という土台の上にきちんと再構築する。
あとはモチベーションを高く維持しつづけること。
難しいなぁ。



それにしてもバンドをやってたことは全く無駄じゃなかったな、という実感にはすごく心を満たされた。
好きなことを飽きるほどやって学んだこと気づいたものというのは財産になるっぽいです。
そうじゃないと、やる意味ないよね。



うーん、最近、環境が変わったからか、後輩に見られていることを意識しているからか、ブログが真面目っぽくてつまんないね。w
飽きられないか心配です。


今日の屁文句
僕ももっとウンコとかおしっことか色々書きたい。
[ 2008.04.06 | 戯言 | コメント: 1 | PageTop↑ ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。