上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
前回、ブログに書いたように、観に行ってきた。
http://www.suizokukangekijou.com/information/

本当にすごかった。衝撃的だった。
行ける人は絶対行った方が良い。
できるなら土曜日に。

シナリオについては、観ながら理解していくのは難しい。
そういう風な演出にしてあったんだと思うけど。
難しく長いい台詞が多かったし。
漠然と把握しておけば、とりあえずは問題ない感じ。
というか寝不足で頭働いてなかったっつーのもあるんだけど。

いやしかし、そこじゃない。
シナリオを理解できたかどうかよりも、インパクト。これ!
ネタをばらしちゃうのはもったいない。
ホントすごい、としかいいようがない。

3500円とか4000円とか安い。
もうね、本当に衝撃的だった。
もう一回観に行きたい。


今日の屁文句
なんども言うけど時間と金が余ってるのなら観て損は無いよ。

<追記>
どうやら週ごとに内容が少しずつ変わるようです。
うーん、来週も再来週も行きたい。
でも仕事だ。
スポンサーサイト
[ 2008.05.26 | 戯言 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
ツダさんが東京で舞台に出演されるそうなので、次の日曜日のチケットを取ってみたら、どうやら土曜日限定での出演ということを後で知り、がっかりしております。

うーん、土曜日は仕事だから行けないんだよなぁ。
しかしまぁ、東京で芝居は始めてみるので、ちょっと期待しております。

そういえば、まだこっちに来て寄席に行ってないなぁ。
昨日とか割と時間あったから行けばよかったかな。
空いてただろうに。

いつでも見れると思うと、逆に行かなくなっちゃうね。
そういうのはいかんねー。
東京だから見れるものはガンガン見よう。そうしよう。


今日の屁文句
コアツークアッド、まじパねぇ。
[ 2008.05.22 | 戯言 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
昨日の夜、寝る間際に考えていたこと。

よくアニメとかゲームのキャラの語尾に特徴を持たせたりするじゃないですか。
「~なり。」とか「~なのら。」とかなんかそういうの。

これを真似して、「~っぱい。」という語尾でブログを書く、という縛りを作ったら、何回「おっぱい」が出てくるのかな?とっぱい。

もう始まってますよっぱい。


昨日は平日だったのですが、休みだったわけですっぱい。
なので、警察署で免許の住所変更したり、携帯屋さんに行って引き落としの口座を変えたり、まぁ週末だったらできなさそうなことや、人多過ぎでうんざりしそうなことを中心にやってみましったっぱい。



うん、良く考えたら語尾に「お」が来ることってあんまりないね。
うわー、また無駄にしてしまったなー、貴重な自由時間を。


今日の屁文句
っぱい。
[ 2008.05.22 | 戯言 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
演歌歌手のジェロがコーヒーのCMに出てるんです。
商品名は「0」。
で最後にジェロが「ジェロ」って言う駄洒落なんですが、これ見て思い出しちゃって。
どうせなら「全部」ってつけて欲しかったね。

同級生(の中の一部だけか?)しかわかんないと思うけど。


今日の屁文句
九州特有の発音だよね?
[ 2008.05.21 | 戯言 | コメント: 7 | PageTop↑ ]
とんとんこつこつとんこつこつ

書くことねぇーーーー!!


今日の屁文句
明日は休み
[ 2008.05.21 | 戯言 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
今日は、会社の研修の一環で某S社のショールームを見学してきました。
業務用の機材が展示されていたり、家庭用のデジカメや薄型テレビやゲーム機などなどが展示されておりました。
放送業界ではほとんどのものがS社なんで最新の機材を見に行きましょうねという企画。


で、そんな中、僕の目をひいたのはプロジェクタ。
照明のムービングライトのお化けみたいな形。
10.000ルーメンて。
http://www.sony.jp/products/Professional/SXRD/index.html

ハイビジョンは有効走査線が1080本なんですが、こいつはその約4倍。
要するにものすごーく細かいデジタル映像を投影できるわけです。

映像のソース自体は今のところハイビジョンまでしかないみたいなんですが、こいつは擬似的にハイビジョン以上の画質を投影することが可能らしい。擬似的ってどういうことや、と突っ込んでみたかったけどたぶん、隙間を補完するってことなんでしょうね。


でね、ここからが本題。
そのごっついプロジェクタが投射していたのが、はい出ました、某ジャパンプラッチックのアクリル製透過型スクリーン。しかも200インチが4枚。


いやー、久しぶりにVRを思い出したね。
浄水器から流れるチープな音質の没入館高校校歌も思い出しちゃった。
あやうく「発注しよう」を連呼しそうになった。


なんやろう、去年、一昨年の日常が遠い過去に感じますね。
それだけ環境ががらりと変わったっちゅうことなんでしょう。

っちゅーわけやぁ!


今日の屁文句
お節介やけどシェインの修論が気になった。
[ 2008.05.15 | 戯言 | コメント: 6 | PageTop↑ ]
研修中にコピーしたての紙を渡されたときに、「コピーしたての紙の温もりは検尿を想起させるよね」と言ったら同期が引きました。
あいかわらず東京は冷たいです。

右上の奥にある親知らずが不穏な痛みを発しています。
生える余地があるのでほっといてるんですが、どうなるか楽しみです。


今日の屁文句
なんか気温が低い
[ 2008.05.12 | 戯言 | コメント: 3 | PageTop↑ ]
コンセプト。
この土台がしっかりしていないと、全てがショボくなるなぁ、今そんな実感を抱いてます。


コンセプトをしっかり意識できていると、作品全体の中でもっとも重要となる部分、重きを置く部分、または逆に緩める部分がわかってくる。
よってその作品のメリハリのつけ方がわかってくる。

次に、そのメリハリを意識しながら、手元にある素材をもとに作品の完成形を思い浮かべてみる。
この作品は、こういうコンセプトだから、ここはこーなって、あそこはあーなってないといけないよね、という風に。

そこから引き算をして、その為にどんな演出が必要なのかを考える。
最も主張したい部分を活かすためにどうするか。例えば派手にするとか、その前後を控えめにするとか。
さらにそう演出するための手法も考えていく。


そうなると、演出には必ず理由や意図がくっついてなくてはいけないことになります。
そしてその理由や意図も、結局はコンセプトに基づいているはず、ということになります。
「なぜこんな演出にしたの?」→「これこれこういう意図があったから。」→「それはなぜ?」→「コンセプトが○○だったから。」のように。

で、そうやって作っていくことで作品に一貫性や説得力が生まれるのです。


もしも土台となるコンセプトが曖昧だったり細かく詰められていない場合、その上に乗っかってる作品が不安定なものになってしまいます。
つまり何をしたいのか伝わらない、よくわからない、頭に残らないものとなってしまうわけです。




一ヶ月の研修に、自分のこれまでの経験を混ぜ合わせて、まとめてみたらこんな感じ。

読み返してみるとすごく当たり前のことなんですが、これを念頭に置きながら作業するということは非常に難しいです。
すぐに全体が見えなくなってしまうし、気を抜くとコンセプトよりも演出や手法が先行してしまったりする。



ブログが頭を整理するためのものになっている。
読んでておもしろくないかもしれないなー。

よし、次は、尿とか便とかそういうのをいろいろ書きます。
お楽しみに。


今日の屁文句
東京は地震が多いね。
[ 2008.05.08 | 戯言 | コメント: 2 | PageTop↑ ]
月一くらいでこれを聴かないと生きてる気がしない。
刷り込みってのは怖いですね。
もしかしたら一番福岡が恋しくなる曲かもしれない。

http://www.youtube.com/watch?v=UIGsSLCoIhM



今日の屁文句
管楽器の音色はいつ聴いてもズルい。
[ 2008.05.04 | 戯言 | コメント: 2 | PageTop↑ ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。