上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
一人暮らしを初めて3ヶ月が経とうとしています。

仕事と一人暮らしが同時に始まったもんだから、自分の時間というものが学生の頃の実家暮らしに比べ、ものすごく短くなった。
感覚的に言えば10分の1くらい?
いやマジでそのくらい短く感じる。

自由な時間ってのは本当に貴重で、また自分で捻出する努力をしなければ作れないものだったんですね、本来。

学生というのは今考えると異常なもんで、極端な話1週間、家に引きこもっていても意外と問題なかったりします。夏休みなんかも長いしね。その間コンビニと自宅との往復でも大丈夫だったりする。


でもこの猶予期間って必要ですよね。必要なもんだったと今でも思います。
暇が財産というか。
たくさんのことを考えたり、得られたりする時期じゃないですか。

遊んでばかり、と世間では言われようとも、それが自分の将来に活きてくるのであれば、別に文句を言われる筋合いは無いわけです。
スムースに走り出すには助走区間はどうしても必要です。

まぁ毎日バイトとパチンコしかしてねー、とかいうのならとっとと働けば良いと思いますが。

そういや、芸工の人ってパチンコとかスロットとかしないよね?
昔、レンさん(懐かしい!!w)とビデオ屋のバイト中にそんな話をした記憶があります。
余談だけど。


ところで仕事柄、僕は専門学校卒の方と接することが良くあります。
専門学校を否定する気は無いけれど、なんだかちょっと損をしているように感じてしまいます。
学歴云々ではなく、純粋に自分の好きなことをとことんやる期間が大学生に比べて短いし、またその幅も狭くなりそう、という点で。

時間で言えば、院卒に比べて単純に3分の1。
さらに授業の頻度も考えると、ねぇ。かなりの差じゃないですか。

もっとも、大学生という立場がどれほど甘美なものか知らなければ、彼らは損をしているなんてゆめゆめ考えないでしょうけどね。

どっちがいいのかなぁ。

同期に、4大卒業後に専門に入りなおした人がいるんですが、その人が言うには、やっぱり大学の経験は大きかったと。その人は、自分のやりたいことと大学でできることとの間に違和感を感じ、専門に入りなおしたらしいんですが、それでもあの期間は自分にとって大きかったと。


うーん、やっぱモラトリアムは必要っすよ。
後輩のみなさんは、とりあえず空き時間はとことん遊ぶべきですよ。
良く遊び、良く食べ、良く学べっすよ。
いまさら僕が言うことでもないですが。

院生だって時間が無いようで、社会人に比べりゃ暇はいくらでもあるからね。
やれることはたくさんある。(論文の締め切り前以外は。)


今日の屁文句
屁モンキー ギター弾かなきゃ ただの人
スポンサーサイト
[ 2008.06.25 | 戯言 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
雨が続きますね。

ところで、パーソナルエリアって知ってますか。
他人に侵入されたくない領域、空間ですよね。知らない人が自分のすぐ目の前に立ったり、好きではない人が腕が触れるくらい近くに来ると圧迫感や不快感を感じてしまうアレです。

これは物理的な距離、空間についての話なんですが、東京の人は心理的なパーソナルエリアが広いのかなと最近感じます。

つまり福岡にいた頃よりも、心的距離のとり方が遠い気がします。
過度にプライベートな領域を意識しすぎて、プライベートな話題を振らない、訊かないようにしてる印象を受けます。


先日、髪を切りまして。
髪を切られてる間って、何かと話題を振ってくれるじゃないですか。
僕自身、あまりしゃべる方ではないのですが、相手の質問に対して話が広がりそうな答えをチョイスする気遣いはします。仕事とはいえ、せっかく話しかけてくれているのですから。


しかし、その会話の流れが、例えば家族の話や仕事の話など、わりとプライベートな話題に向かう流れになったとたん、会話がフェードアウトするのです。
僕がパスを出して、さらに別に訊いても構わんですよという空気を出しててもスルーされて、アウトオブバウンズで、またスローインから仕切りなおしかよ、みたいな。
流れ止まっちゃったよ、つって。


これは同期や先輩達と話しててもそうなんですよね。僕としてはその辺の話題に触れられても痛くも痒くもないんですが、意図的に避けようとしてる雰囲気が感じられるんです。

飲み会なんかで、軽くその辺の話題について自分のことを話すと「何でもしゃべりますよね?大丈夫ですか?」みたいに言われたり。
いや別に、隠してないと困るような話題じゃないんだけど・・・、って話でも。
彼女と付き合ってどれくらい、とか。
知られたからって、どうなるわけでもないじゃないすか。それくらい。

そんな話題、福岡だったら美容師も焼き鳥屋で隣になったしゃーしーおいさんも話を振ってきたりしてたよなぁ、逆に訊いても無いのに自分のことを話し始めたりしたよなぁ、とか思っちゃうわけです。


土地柄なのかなぁ。
こっちが話題を振るときにどの距離感で話しかけるべきか、まだちょっと把握できずにおります。


今日の屁文句
嬉し恥ずかし給料日
[ 2008.06.23 | 戯言 | コメント: 3 | PageTop↑ ]
SM診断なるものをやってみたのです。
後輩がブログでやっていたので。

僕自身は、自分がSなのかMなのか、正直判断できないで今まで来ていたのですが、この診断ですっきり納得できました。
おもしろい結果が出たので紹介することにします。

診断結果には、SっぽくないS、マイペースなS、俺ルールなS、奴隷がいなくても絶対的にキングetc、なんだか心当たりのある言葉が出てきました。

内容を噛み砕くと「俺ね、ここに行きたいんやけど、順路調べるのめんどいから道案内お願いね。あと、途中で俺のモチベーション下がってヤル気なくなってしまわないように、ちゃんと励ましたり盛り上げたりしてね。」的な。

そう、受け身なS。

自分の中で「受け身=M」という固定観念があったので、これまで自分をどっち側か判断できずにいたんです。Sだと思う・・・、だけど受け身なとこもあるからひょっとしてMか?とか考えてたんですね。

受け身のSという存在を知り、なんかスッキリした気分です。

でも、確かに考えてみると主導権は自分にある方が好きですし、さっきの例でも主導権は実は僕にありますよね?

うーん、これって簡単に言えばわがままなのか?
いやいや譲るところは譲ってるよ。誰に対しても。
絶対、譲る方が多い。
ワガママチガウ。

要するにマイペースでめんどくさがりの頑固者なんですね。少しは聞こえが良くなった?(笑)

そしてさらに難しいことに、上手いこと僕の考えを察してリードしてくれると嬉しいのですが、それを恩着せがましくされるともうダメ。イラッとする。
あくまでも自然に、さらっと、僕に気付かれないようにやるのが理想ですね。
あれ?もしかして気を配ってくれてたんかなぁ、くらいのが良い。

おーおー、なんとも付き合いにくい人間だ。知ってたけど。(苦笑)


そんな女性、世の中におるんかいな?って思いますが、僕は一人だけ知ってます。
うちのかーちゃんです。

別にマザコンとかではないですよ。
ただ、母親の他人に対する振る舞いとか、僕に対する接し方とか実はパーフェクトなんですよね。
人に対する気遣いとか、こんな風にさらっとやれたらいいなとか、こういう風に心配りのできる人やったら僕は操られてやってもいいかな、とか思うわけです。


いや!ややや!
もしかしたら、母親ができた人間やったから、こんなにわがまま・・・じゃなかった、マイペースでめんどくさがりの頑固者に、僕は育っちゃったのかもしれませんね。なるほど。


という、25年目の真実に気付いた日でした。


今日の屁文句
明日を乗り切れば休み!今週はよく働いた!
[ 2008.06.22 | 戯言 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
少し前から気になっていたもの

BE@RBRICK!(こんなの。


コンビ二でペットボトルのおまけになってたりして目にはしてたんですが、名前がわからなかった。

で、先日やっと名前を知り、屁缶読者の皆様にご紹介することができました。
サイトを見てみると、2001年から作られていたようですが、2005年の6月に僕はこれをプレゼントされたのでした。

050607_0050~001.jpg


裏Candyさんとアーピーさんからの韓国土産。過去にブログでも紹介しましたが。

ね!・・・でしょ!?


もらった当初は「なんだよー、某キャラクタのパクリかよー、パクリ商品とか要らねーよ」とか思ってたんですが、BE@RBRICKだったんですね。
何年も作られてる商品だったのか!
パクリだとか言ってすまんかった。


今日の屁文句
でもこれ、人形でかすぎて携帯に付けられませんでした。黒い紐を通らない。
[ 2008.06.17 | 戯言 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
2連休の最終日の23時に微熱が出て、それ以来、一向に下がる気配がありません。
37度2分。なんとか今日の仕事は乗り切った。午前中はヤバかったけど。

というか実際、仕事が終わる頃にはピンピンしてて、なーんだ働いてたら治ったわナハハ、とか思ってたんですけど、帰宅して念のために測ってみたら、しっかり熱がある。
わからんもんですねー。


今日の屁文句
東京のクルマは徐行しない。
[ 2008.06.12 | 戯言 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
この2ヶ月間、ミーハーになるため自分自身の精神を虐げてきたが、それは不要なことであったということに気が付いた。
自分自身の本来の感性というものは基本的には野放しにしておくべきだ。

たとえ仕事上ミーハーな知識や見方が必要であったとしても、これまで育ててきた天邪鬼を無下に降板させる必要は全く無いのだ。

そう考えていいんじゃないかと割り切ることができたときに、気持ちが楽になった。
危うくおもしろくない側へ行くところだった。


目指すべきはミーハーな天邪鬼。

これは天邪鬼の中でもかなりハイレベルな天邪鬼ではなかろうか。

例えば、幅広いの年齢層に人気のあるアイドルグループの中の、一番パッとしないメンバーを応援するタイプ。
で、ファンになった理由が、自分の好きな魚に顔が似てるからとか、尿検査のときになかなか尿が出なくて困るいうエピソードに共感したからとか、ペットボトルのお茶の蓋を集めるという趣味が自分と共通してるから話が合いそうとか、なんかそういう類のものだったりする。


その境地に達することができるだろうか。


今日の屁文句
明日は久しぶりの晴れの休みだからちょっと楽しみ。
[ 2008.06.10 | 戯言 | コメント: 4 | PageTop↑ ]
誰かが言っていた。
楽器はいかに弱く演奏できるかが大切なんだと。たしかにそうすると表情が豊かになると思う。
だからといって、歪みの量を極端に下げて、コンプをかからなくしたりとかする気は一切無いけどね。


今日、音楽を一つの個体として捉えることができた。
スイミーで小魚が大きな魚に化けたように、たくさんの楽器で構成された音楽を、やっと曲という一まとまりの物として把握できた。

今までは、どうしても一つの楽器ごとにしか聴く事ができなかったんだけども、ドラムセットのような感覚で曲を捉えられるようになった。・・・気がする。
各パートを並列に聴きながら、全体の流れも感じる、という具合。

ギタリストは苦手な人が多いんじゃないかなぁ。という勝手な予想。
ベースとかドラムの人は得意そうだなぁ、こういうの。

通勤の電車内で、アルディメオラのエレガントジプシーを聞いていて、なんかそんなんを感じたり、考えたりしてた。


なんかダラダラと書いてしもうたね。


東京に来て音楽メインの生活じゃなくなってから、わかったことが多すぎる。
今オチトブをやったら、きっと3ヶ月前とは全く違う、もっと良いギターが弾けるに違いない、そう思う。


ずーっと前に、どっか会社の社長がテレビで言っていた。

自分が得意とする分野と、一見関係ないような他の2つの分野を熱心に勉強してみなさい、と。
その3分野の専門的な知識によって、自分の得意分野で想像もできないような新しいものが生まれてくるよ、と。

・・・あー、この例はまずかったか。
だって音楽と今の仕事は、なんとなく関係ありそうな分野やもんなぁ。
やっぱ今のなしね。


さぁさぁ、みんなも早めに寝てね。健康が一番よ。体が資本やけんね。
俺は明日休みやから良いけどね。休みの日に限って天気悪いけんね。
関係ないけどね。


今日の屁文句
太りたいけど太れない。
[ 2008.06.05 | 戯言 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
大学と僕のお誕生日を祝う日はまだまだ続いてますよ!
あと3時間くらいは続いてますよ!


そんな今日は普通に仕事でした。ニュースの。
不思議な経験だった。

ほんの数分前にちゃんと再生されるかどうか僕が確認したものが、気が付いたら電波に乗って全国へ。
全国津々浦々に、僕が持った業務用カセットテープに収められていた世界に1つだけのコンテンツ、ちゃんと再生されるかどうか僕がプレビューした映像が、その瞬間まさに届けられている。
当たり前のように。




音は見えないしつかみ所が無くて不思議で良くわからない存在だといろんな人に言われましたが、電波も十分に怖く奇妙で理解しがたいものだと思いました。
こわいわー。

電波こわい、電波きらい。転職したい。


今日の屁文句
遊び人から賢者へ!!そして伝説へ!!!
[ 2008.06.01 | 戯言 | コメント: 5 | PageTop↑ ]
僕は河川や海の近くに住むと良いらしい。

考えてみると、僕はこれまでずっと水場の近くに住んでいた。
河川、海、大き目の溜め池。

占い師が言った。
あなたは水場の近くに住むと気持ちが安らぐ、と。


ホントか?とも思ったけど、水の側に行くのは結構好きだったりする。
水そのものというより、水場で感じる空気。

海はベタベタするので入りたいとは思わないが、潮の香りと海風は好き。
山に行っても渓流に引き寄せられる。

父親が釣り好きだったからか、母親の実家が湧き水のきれいな所だったからか。


青とか寒色系統が好きなのもそれを反映しているのかもしれない。


好きな時間帯も、夕焼けが終わる頃。
夜になる直前のあの青っぽい空気が好き。全てが青っぽくなる。
あの一瞬だけ味わえるレア感と夜が始まるワクワク感、そして早く帰らんとお母さんに怒られるという幼少期の感覚みたいなものが入り混じって、なんとも言えない気分になる。



そして占い師はこうも言った。
あなたは25歳から33歳の間に結婚すると。

今日25歳。


今日の屁文句
でも25歳から33歳の間で結婚するのって、だいたいの人間がそうなんじゃねー?ってことに後で気付く。
[ 2008.06.01 | 戯言 | コメント: 4 | PageTop↑ ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。