FC2ブログ
LPW香川総会のため、原チャリで小倉まで行き、フェリーに乗って四国へ渡り、愛媛県松山市から香川県高松市らへんにある裏CANDyさん宅まで行って、そして帰ってくるというチャレンジをしてきました。


原チャリ、マジできつかった。

楽しかったけど、それ以上にきつかったかも。行きは晴れてて、東に向かってたから、顔の右側だけが焼けてるし、帰りは雨でビショビショ。長旅は準備を万全にせんといかんと思った。


今日の屁文句
NANAがおもしろかった。



長い方はこっち↓

まず福岡から小倉までが遠く、フェリーを降りた後も松山・高松間がその倍の距離あったりとやられっぱなしでした。

往路はわかりませんが、復路はちゃんとメーターを見ていたので走行距離はわかります。復路はおよそ260キロミター。往路は寄り道をしたのでもっと走ってます。尻が痛いのも頷ける。


初日は木曜日だったか、午前中にカナダへ転校する知り合いを見送りに空港へ行った後、16時半に学校を出発。闇を先頭に、北九州の実家まで連れて行ってもらう。

闇の実家で晩御飯をお世話になった後、21時55分発のフェリーに搭乗。そして即、就寝。




翌日、5時に松山着。夜明け前と知らない土地という条件で俺のテンションがピークに。1キロほどの長さのトンネルではしゃぎまくる3人。


道後温泉に向かうが、5時半ということでまだ開いていない。その辺で足湯に浸かり写真を撮ったりして時間をつぶす。

6時になり、千と千尋の神隠しのモデルとなったお風呂屋さんに行く。風呂上りに2階の座敷でくつろげるというオプショナルツアーに参加するって!(ケロ)

お風呂でさっぱりしたのと、この後の道のりを考えて、どこからともなく「そろそろ帰ろうか・・・」の声が。


しかし、ゆうやく振り切って香川へ向かう。途中ファミレスで朝ごはん。風呂上りにヘルメットをかぶって1時間ほど走ったので髪の毛が大変なことになる。


琴弾公園へ。具体的な場所はよくわからないので、どうしても知りたい人はググれば良いと思う。展望台まで原チャリで上ったが、その道がゴーカートのコースみたいで楽しかった。はしゃいでたら原チャリで派手にこけそうになった。


適当に展望した後は、コンピラ山のふもとで、裏、毒、そして利と合流。山登りを決行する。このあたりに来て疲労もかなり溜まっていたので、毒の勢いに対抗することができなかった。

下山後は、おもしろいおばちゃんのいるうどん屋に行き、ついに裏の実家へ。着いた途端に事切れる。

夕食をご馳走になった後は、すばらしい名前を持つ妹さんが持ってたNANAという漫画を読む。いや、その前にみんながマージャンやってる横で毒とテンションを上げたんだった。やはりシラフのほうがテンションが上がりやすいようである。尋常じゃなかったし。

途中で、「NANAは辛気臭くて、よ~読めんわ~」と思った。しかし8巻まで読んだ。マージャンが終わる頃、6人全員で漫画を読む。深夜に6人の男が一言もしゃべらずに少女漫画を読む光景は圧巻である。




次の日。夜更かしがたたって、7時に起きると意気込んでいたものの、昼前に起きる。香川に来たということで、うどん屋さんへ。いわゆる、早い、美味い、安い、を体験した。

その後は小豆島へ。名前に小さいという漢字が付いているので小さい島かと思いきや、かなりデカい。バスで島内を移動。

映画「二十四の瞳」の撮影場所としても有名なので、そこまで行ってみようということになる。徒歩で。4キロ。

しかし、俺と毒は他の4人とどんどん離れていく。みんな歩くの早くねー?みたいな話から、4キロとか歩くの無理くねー?みたいな話になりじゃあ帰るか、という結論に。

他の4人が目的地目指して歩いている間に、ヒッチハイクで港へ戻る。


港にいても暇なので、毒と浜辺で戯れる。瀬戸内の海って波がホントに静か。こんな海も良いね。


小豆島からの帰りの船で、天気予報を見て、新と帰福日を1日早めることを決める。

そして裏宅でまたしてもNANAを読む。




最終日、雨を避けるため、6時に新と出発。朝飯をどこかで食おうとするも、店は開いていない。仕方が無いのでコンビニで朝食を済ませていると雨が。先を急いだが、普通に雨が降り出しびしょぬれ。途中でカッパを買った。このときは挫折しそうだった。視界は悪いし滑るし濡れるし。

なんとか一杯一杯なかんじで150キロを走覇しきる。事故りそうで本当に怖かった。

フェリーの時間まで9時間ほどあったので、新と観光をする。



そして月曜日の朝、小倉についてそこからまたさらに原チャリで2時間半。ボロボロだぴょー。


屁文句
原チャリで長旅、よい経験にはなった。

秘密