FC2ブログ
昨日は、お買い物に行きました。買ったのはディストーションと弦とパッチケーブル。2萬イェン。

このブルドッグ・ディストーションを最初に見たのは上のサイトだったんですが、まず見た目が気に入ってしまいました。メタルやし、ブルドッグの絵がブルータルな感じでかっけーし。

しかし、同サイトの試聴はあまり良くなく、実際に弾いてみらんとわからんばい!っということで、試奏をしに行ったのでした。

試奏した感想は、そんなに悪くないな、でした。というのも下調べとしてネットでの評価を見てたんですが、あまり良くなかったんですね。(つっても2人くらいしか評価している人がいなかった)


やっぱ自分で試奏せんとね、わからんですよ。

<良いなぁと思ったところ>
・2チャンネルであること(2種類の歪みを切り替えられる)
・見た目のこと
・真空管使ってるわりに安価なこと
・サービスでACアダプター付けるよっていう店員の声
・歪みがサンズアンプに比べると扱いやすい。
・電池が付いてきた(携帯用ゲーム機器に使用)
・音ヤセはあんまりしない
・真空管が青く光ってかっけー

<良くないなぁと思ったところ>
・LOWが出難い
・電池が単3を4本で16時間
 (しかしACアダプター付いたのでたいした問題じゃない)
・もう一歩濃厚な歪みだったら好みの音だったのに・・・
・でかい(真空管使ってるから仕方ない)
・IN/OUTが横についてないので、コンパクトエフェクターと並べると繋ぐのがメンドクサイ


まだ買ったばかりなので扱いきれてないけど、そのうち満足できる音を作れるようになると思います。

あと、VOXの製品ってアンプしか見たことなくて、こんな製品も作ってるんだなーって思った。アンプは見た目が小洒落た感じで気に食わないんだけど、今回の買い物で見直した。


ざーっと見直したが、音に関するレビューが少ないね。それでも音響ですか?いいえ、違います。応用情報なんちゃらです。

追記
LOWが出難い気がしたので、メタル系の音楽にはあわないかも。
1CHは渋めの歪み。2CHはモダンな歪み。
両CHに対し、BASS、TREBLEをいじれる。
2CHはVOICE(MIDDLE?)をいじれ、音色が変わる。
真空管だからか、和音があんまり潰れない。



明日は、K1ROUと密室で小一時間・・・


今日の屁文句
明日は被験者するだけですよ。

秘密