上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]
現在午前5時です。

というと、すんごい夜更かししてるみたいに聞こえるかもしれませんが、それは違います。

夜10時に寝て午前3時に起きたんです。

つまり夜更かしじゃなくて早起きなんです。


僕の生活は、たまにこういうリズムになる時がある。なぜかわからないけど、夜すぐに眠くなって寝ちゃう。すると当然夜中に目が覚めるわけです。

午前3時に起きて何をするのかというと、結局ネットするかギター弾くかなんです。


ではさっき夢うつつなときに思ったこと、思い出したことをメモとして書き残しておこう。



先週、KISSの福岡公演を見に行ったときのこと。

KISSってギター・ベースの3人が並んで、同時に横にゆれながら演奏することがあるんだけど、この前の公演で1度だけ、ジーンとエース(役の人)が逆位相で揺れてたの。
ポールが遅れて近寄って行って2人に合わせて揺れようとしたんやけど、逆に揺れてるもんだから合わせられない。
で、「違うやん、逆やん」って指差しながら指摘してた。

指差して指摘してる姿が人間臭くてなんかおもしろかった。



そしてギター弾かない人にはわからないかもしれないけどギターのスケールの話。

まずスケールを覚えるときに、僕はずーっとコードを中心に覚えていました。でもそれって僕の場合、すごく要領が悪い。ということに気が付いた。夢うつつで。


今までは、6弦×4フレット(くらい)のブロックを5つくらいまず覚えて、それからそれぞれのブロック間の移動を練習していった。つまり、


まずブロック1を覚えて
┬─┬■┬─┬○┬◎┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
┼─┼◎┼○┼─┼◎┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼
┼○┼◎┼─┼◎┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼
┼─┼◎┼─┼■┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼
┼─┼◎┼─┼◎┼○┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼
┴─┴■┴─┴○┴◎┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴

次にブロック2を覚えて
┬─┬─┬─┬○┬◎┬─┬◎┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
┼─┼─┼─┼─┼◎┼─┼■┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼
┼─┼─┼─┼◎┼─┼◎┼○┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼
┼─┼─┼─┼■┼─┼○┼◎┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼
┼─┼─┼─┼◎┼○┼─┼◎┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼
┴─┴─┴─┴○┴◎┴─┴◎┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴

そしてブロック3・・・
┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬◎┬─┬◎┬○┬─┬─┬─┬
┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼■┼─┼○┼◎┼─┼─┼─┼
┼─┼─┼─┼─┼─┼◎┼○┼─┼◎┼─┼─┼─┼─┼
┼─┼─┼─┼─┼─┼○┼◎┼─┼◎┼─┼─┼─┼─┼
┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼◎┼─┼■┼─┼─┼─┼─┼
┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴◎┴─┴◎┴○┴─┴─┴─┴



最終的に、それぞれのブロックを組み合わせてたわけです。

┬─┬■┬─┬○┬◎┬─┬◎┬─┬◎┬○┬─┬◎┬─┬■┬
┼─┼◎┼○┼─┼◎┼─┼■┼─┼○┼◎┼─┼◎┼─┼◎┼
┼○┼◎┼─┼◎┼─┼◎┼○┼─┼◎┼─┼■┼─┼○┼◎┼
┼─┼◎┼─┼■┼─┼○┼◎┼─┼◎┼─┼◎┼○┼─┼◎┼
┼─┼◎┼─┼◎┼○┼─┼◎┼─┼■┼─┼○┼◎┼─┼◎┼
┴─┴■┴─┴○┴◎┴─┴◎┴─┴◎┴○┴─┴◎┴─┴■┴


(上:1弦側 下:6弦側  左:ヘッド側 右:ボディ側)
マイナースケールの基本的なもの。■がトニック



しかし、ここでスケールを「6弦×4フレット(くらい)のブロック」だけで覚えてしまうと、ネックに対しての横方向(この図では上下)には対応できるんだけど、縦方向(この図では左右)には応用がきかなくなる。
「ブロック1からブロック2への移行」がスムーズに行えなかった。

つまり、スケールがそれぞれのブロックごとに完結しちゃってて、ネックの全体を見ることがなかなかできなかった。



これはずーっと抜けられなくて、人知れず悩んでた。
悩んだ末にしょっちゅう午前3時に目が覚めてたりした。


で、さっき思いついたのが、これ。


┬─┬■┬─┬○┬◎┬─┬◎┬─┬◎┬○┬─┬◎┬─┬■┬
┼─┼◎┼○┼─┼◎┼─┼■┼─┼○┼◎┼─┼◎┼─┼◎┼

┼○┼◎┼─┼◎┼─┼◎┼○┼─┼◎┼─┼■┼─┼○┼◎┼
┼─┼◎┼─┼■┼─┼○┼◎┼─┼◎┼─┼◎┼○┼─┼◎┼

┼─┼◎┼─┼◎┼○┼─┼◎┼─┼■┼─┼○┼◎┼─┼◎┼
┴─┴■┴─┴○┴◎┴─┴◎┴─┴◎┴○┴─┴◎┴─┴■┴


6つの弦を、12.34.56の3組に分けるやり方。
6本の弦を同時に見ちゃうから、わけがわからなくなる。
分けるとかなりシンプル。

ブロックごとのスケールと、さらにこの方法でもスケールを覚えておけば、今まで躓いていたネックに対して縦方向(この図では左右方向)の行き来がよりスムーズになり、フレーズの幅が広がるのでは?
また、123・456の2組に分けたらどうだろう?

明日から頑張ってみよう。


っちゅう話を、延々書いてたら6時半!
よし、もう一眠り。


今日の屁文句
何をこんなに頑張ってるんだ…。

秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。