FC2ブログ
2月の福岡公演といえば、博多座で歌舞伎かZEPPでメタルが恒例となっておりますが、今回はメタル。ANGRAとBlind Guardianを観にいってまいりました。

実際のところ、個人的には行くかどうか迷っていたライブだったんですが、去年、気の迷いできんちゃんにアングラとブラガを聴かせてみたところ、激しく気に入ってしまってしまい、半ば強引に連れて行かれたというか、強引にチケット買わされたのでやむなく行きました。


アングラもブラガも僕の好きなジャンルのメタルではなかったのですが。


アングラはすばらしかった。ピンクと黄緑の照明から始まるメタルのライブなんて初めてでしたが、彼らの音楽にはすごく合ってた。
あと5人とも引くぐらい上手かったんですが、なかでも特に目立ったのがベーシスト。攻める攻めるw

ある曲のイントロでベーシストがボースハンドでタッピングアルペジオを弾いてた。CDで聴いた段階ではあまりにスムーズなフレーズすぎてベースでやってるなんて考えもしなかったので驚いた。改めてCDを聴き直すと、確かにベースの音やった。
さらに色んな曲の中で、ギター2人がハモりパートを弾いてるときは、アクセントでガンガンコード弾いてたりと、かなり攻めるベース。あーいうスタイルでプレイするベーシストを初めて見たということもあり、かなり印象的なプレイヤーでした。

あと久しぶりにツインリードのバンドを観たわけですが、こういうバンドはとくに卓前にいるのがやっぱりいいですね。

最後にジョンレノンのcome togetherをパートを入れ替わって演奏。キコルーレイロの流暢な日本語発音には驚いた。


続いてブラインドガーディアン。
彼らの音楽の好きなところは、フレーズや曲の構成、音色(楽器)のチョイスなどだったので、正直ライブでラウドな音で聴くと、ボーカルのハスキーシャウトにマスキングされてて、僕にとっての魅力は半減してしまってた。
曲そのものが好きな人たちは十分に楽しめるんだろうけど、僕はこの人たちの音楽はCDで聴く方がいいなぁと思ってしまいました。上手かったんだけどね。


今日の屁文句
メタラーはとりあえずメサブギ

秘密