FC2ブログ
もう、一番寒い時期は過ぎてしまったのでしょうか?

サムガリアンな僕にとっては、今年の冬はありがたいものでしたが、環境問題の視点からみると、よろしくなかったのでしょうね。
エルニーニョ現象だとか温暖化だとか。今年の冬がたまたま暖かかっただけなのか。

なんというか寒いとそれはそれで嫌なんですが、寒くないとそれはそれで張り合いがなくて嫌ですね。
寒いからこそ感じられる、暖かさの喜びがなくなるわけじゃないですか。


「日本人の感性」と「明確な四季」というのは、なにかしらの関係があると信じてるわけなんですけれども、こう寒くないと日本に生きる日本人としての、なんかこう、大事な要素が一つ欠けたような気がしてしまいます。
サザエのつぼ焼きで言うところの最後の苦味というか、一つのアクセントが。

このアクセントが無かったから、今年の冬には張り合いをかんじなかったのでしょうね。きっと。

そうそう、最近ボールペンで文字を書くのが楽しくて仕方ないです。時間がかかるし疲れるし、そもそも字も上手じゃないんだけど、なんか楽しい。
文字にはその人の人間性が表れるなんて言いますけども、もしそうなら、文字を書くことで自分の存在を刻み込んでる気になってたり、表現してる気になってたりするのかもしれませんね。

いや、もっと単純な気がする。ボールペンがすべる感覚や、輪郭がハッキリしてるのが単純に気持ちいいだけかもしれない。


今日の屁文句
言語学のレポートが終わらない

秘密