FC2ブログ
来月の話ですが、ozzyがCDを出すそうで、最近その中から1トラックがデモとして聞けるようになりました。
タイトルは"I don't wanna stop"
今、58歳とか59歳とかだと思うんですが、まだまだ止まらないぞっていう意味があるんでしょうね。


何年か前の話ですが、確かイギリスの女王の在位50周年か何かの記念式典が行われ、屋外(宮殿の庭?)にイギリス出身の著名なミュージシャンがたくさん集まって、ライブをしたことがあったんですよ。ポールマッカートニーとかエルトンジョンとか。エリッククラプトンも出てたかな。もちろんオジーオズボーンもいました。本当にすごい顔ぶれでロックファンには夢のようなイベントだったわけです。
それで、僕はそれをテレビで見ていました。

その式典(ライブ?)の最後にポールマッカートニーがメインで歌って、出演したミュージシャン総出でコーラスを歌って観客含めて大合唱する、っていう演出があったんですよ。
そん時にね、あーオジーやばいなぁ、と思ったのは、オジーだけ周りと(というか曲と)手拍子があってなかった。


蛇足だけど、僕はそのリズムを無視した手拍子をクールだと思って、それからリズムを無視したヘッドバンギングをやりはじめたんです。まぁいいや、何の話だっけロボゲーじゃなくて、そうオジーがヤバイという話。


そしてここ何年かは、自分のライブでもステージ上で歌詞を見るために中央のモニターの前でしか歌わないし。ピッチも心もとなかったりするし。ファンとしても、もうヤバいやろ、って心境が正直なところ。いつ活動が終わるか、ハラハラしつつも見守ってるわけです。

そこへ"I don't wanna stop"ですから。すごいなぁ嬉しいなぁって思ってしまいます。

オジーは「若い頃貧しかったからお金のありがたみを知っている、だからこそ自分の音楽にお金を払ってくれる人に対し敬意を持たないといけないし、半端なこともしちゃいけない」って言ってた。
非常に同感です。チケット1枚買うのにいったいどれだけの労働が必要なのかと。
そういった意識からオジーは、ファンのために"I don't wanna stop"なんでしょうね。もうじき60歳なのに。関節とか痛いだろうに。

ヤバイ体に鞭打って頑張ってるオジーはすごいのでCD買います。


今日の屁文句
ギターがザックだから買うんじゃないんよ。

秘密