FC2ブログ
あそこは大丈夫なんでしょうか。
今日の夜、NHKでニュースやってました。
懲戒処分を検討してる、と。

懲戒処分といってもいくつか段階があるわけで、どの程度厳しいお裁きになるのか、学校中が注目している部分でもありますね。


さて話は変わって、今日は好青年なんちゃらという多次元イベントに行きました。
予想以上にレベルが高い展示物が多かったり、ボリュームがあったりで圧倒されました。もちろん中にはよくわからないものもありましたが。

こんな感想じゃよくわからないですよね。ごめんなさい。
でもまぁいいじゃない。


ようやく本題。
夏にワークショップがしたいと考えています。
少し前からワークショップがしたくてたまらなかったんですが、いざ僕がやるとなるとギター以外にできるものはないので、それをテーマに夏休みにどっか防音室の枠を取って、勝手にやらしてもらおうかと思っています。

あとはコレに需要があるかどうかなんよね。
意味のある1時間半を、こんな僕が作り出せるかどうか。
2,3人でやっても意味ないけんね。
できれば1,2年生とかも来れるような、そんなんにできればいいなと考えています。

今考えている内容としては、初回のみ僕が司会と講師をやって、次回からは講師はサークル内の上級生に交代で講師をやってもらう、と。

講師にはサウンドメイキングや奏法とかなんかこだわりみたいなのをプレゼンしてもらうとか、その人のいつものセッティングで他の人間が演奏したら本当に音が違うのかとか、サウンドメイク相談とか、そんな感じ?

あとはJAMってみた後、講師のギターソロにギタリスト全員で「いちゃもん」をつけるとか。怖ぇー!

もうそれぞれの信念を否定しあう喧嘩上等な会合にしたい。「お前の音、モコモコしてダセぇったい!」「お前のこそ、キンキンして耳が痛ぇったい!くらすぜ!」みたいな。

それはまぁ、半分冗談ですが・・・。
ようするに、ギタリスト同士が情報交換したり触発されたりする場を夏休み中に設けたい、僕がこれまでサークルで教わったり感じたり考えたりしたことを後輩に押し付ける場が欲しい、ということでワークショップができたらなぁ、と考えているわけです。

もうあんまり時間もないし、きちんと還元しないといけないなーなんてことを、やっと最近慌てふためいたり思い始めたりしているのです。
後輩ともっと仲良くしておけばよかったよ。

ジワジワと話を広げて、ワークショップの認知の幅を広げていこうと思います。
尾ひれをつけて広がれ!俺の妄想!


今日の屁文句
ところでワークショップって、実際何するもんなん?

秘密