FC2ブログ
先週、唐突にカワノからメールが来た。

「ちょいとギター弾いてくれん?」

おお、いいね、直感的にそう思った。彼のデジタルな曲に僕のギターを加えて、フィアファクトリーまでいかずとも、デジタルロックみたいなのができたらテンションあがりそうじゃない?


というわけで曲のデモを送ってもらって聴いてみる。
あれ?普通にギター中心の曲だ。w

というわけでデジロックの期待を空かされたわけだけど、やりやすいタイプの曲調だったので、一晩でサクッと録音。
あと、ついでなのでベースも録音しました。ベースはあーぴーから受け継いだエドワーズ。
合計5トラックを送り返す。


カワノからメール。
「ニコ動にあげたよー」

えー、あげたのかよ。あげるとかきいてない4ー。
で聴いてみるとなんと初音ミクが歌ってる。(デモの段階ではメロディはオルガンだった。)
最初のか細いシャウトには笑った。


ちゅうわけで、前置きが長くなりましたが、こんな風に出来上がってます。
打ち込み、SE、ミックス、あと絵とかは全てカワノ、僕はギターとベースひいただけ。
ニコニコ動画へ

アカウント持ってない人用にmp3。
カワノのサーバに勝手にリンク☆


曲のタイトルは、検索に引っかかるのを恐れて記載しません。
このブログは「屁 ギター」でもヒットするからね。


以下は制作裏話。主にカワノが読んで楽しむ文章。

まずイントロのSE的なギターノイズ。コレはデモの段階で入っていてたんだけど、その時点ですごく良かった。たぶんこれはノータッチの方がいいかな、っちゅーことでノータッチ。

Bメロのアルペジオはコーラスをかけるとザックっぽくなるなぁ、とか考えたんだけど、ミックスしづらいかもとか、パクりはあかんとか思ったので、(あとめんどいとか思ったので)やめた。
結果的に正解だったと思います。

Bメロとサビで入ってる3本目のギターは、まぁカットされたらそれはそれで良いやっちゅー感じで一応録音した。でもカワノがきちんとミックスしてくれてた。おかげで俺色がちょっと強くなってるかも。

2:45あたりのギターベースバスドラのユニゾン。ピッキングハーモニクスを6弦1フレットで鳴らさないといけなかった。難しいので、LチャンはチューニングをドロップDにして3フレットでFの音がなるようにした。だから良く聴くと少しだけ左の方がヘヴィなはず。w

ソロは泣かされた。無駄に転調してくれやがって。
こういうのはタナーが得意そうだとか思いながら、録音。
上手く転調を処理できないまま納品。
(ニコ動にあげるって知ってたらもう少し頑張ったかも・・・。w)

そして最後の最後、4:43のキメのとこでベースが少しだけ突っ込んでる。


ペダルはいつもどおり、TONEBONEのPLEXITUBEの後ろにSANSAMPのGT2をクリーン設定で。JCで鳴ってる音を再現するイメージ。ラインだと今のところこれが最もそれなりの音がする。
韓国のラジオ拾っちゃうけど。w
ソロのときはzw-44を先頭につないで歪みブースタとして使用。

ベースはKORGの安いアンプシミュレータ。
ベースはギターと全く違う楽器やね。難しい。

いやぁ、良い記念になった。


今日の屁文句
それではカワノさんコメントをどうぞ!

秘密