FC2ブログ
東京で本格的に暮らし始めて1週間が経ちました。

日曜日に東京へ戻ってきて、しゃんぺ~さんからいただいたティケットを握り締め東京ドームへ。

感想
金かかってんなぁ。
俺なんかが来ててごめんなさい。

僕は、熱烈なファンではなかったけれども、母親がわりとエックス好きだったため(ファッションとか楽器壊すのは好きではなかったみたいだが)ほぼ全曲知っており、十分楽しめました。演出も派手だったしね。

ただね、周囲の観客との温度差を感じてしまってね。
周りは全員熱狂的なファンなわけですよ。そこへポーンと一人、なんとなく来ちゃった僕がいるわけ。
HIDEの映像が演奏と同期して流れたりするんだけども、隣の女子がそれ見て爆泣しちゃってる。そのとき僕は、これどうやって同期させてんの?うわ、あのムービングのサーチ、ド派手!階段がピカピカ光るのは無いわー、とか冷静に見ちゃってるんですね。

もともと僕はステージを引いた視点で見るのが大好きなので、このあたりはしょうがないかなと思うんですが、周りからしたらやっぱ迷惑だったかなぁ、とか思ったり。

いや、楽しみ方は人それぞれですよ。
たとえ周りから盛り上がってなく見えても、僕は心底楽しかったんだもの。
うんうん。


ライブの話はここまで・

今週は金曜日まで研修でした。

この研修を通して思ったのは、会社もバンドも変わらないね、ということ。

もちろん、責任の重さだとか、気の会う人だけでやるか気の会わない人ともやらないといけないかとかそういった大きな違いもあります。

ですが、どうすれば自分自身の能力が向上していくか、どうすれば自分が所属する母体が良くなっていくかというのは、実は根本は一緒なんだなと。

研修では何人かの偉い人が、仕事上で大事だよ、ということを話してくれましたが、それは大学6年間で僕が気をつけてたことと大体同じで、失礼ではあるが何をいまさらと思ってしまった。

ただ、頭の中でわかっているのと実際に行動して結果を出すことには大きな差があるのだから、僕はこれから頑張んなくてはいけない。

音楽で得たものをきちんと噛み砕いて、仕事という土台の上にきちんと再構築する。
あとはモチベーションを高く維持しつづけること。
難しいなぁ。



それにしてもバンドをやってたことは全く無駄じゃなかったな、という実感にはすごく心を満たされた。
好きなことを飽きるほどやって学んだこと気づいたものというのは財産になるっぽいです。
そうじゃないと、やる意味ないよね。



うーん、最近、環境が変わったからか、後輩に見られていることを意識しているからか、ブログが真面目っぽくてつまんないね。w
飽きられないか心配です。


今日の屁文句
僕ももっとウンコとかおしっことか色々書きたい。
[ 2008.04.06 | 戯言 | コメント: 1 | PageTop↑ ]

秘密