FC2ブログ
時期尚早だとは思うんだけど、今のところ、この会社に入ってよかったと思ってる。


今日もまた研修だった。
研修つっても実際に業務に直接結びつく何かしらの作業をさせられたり、先輩の仕事を横で見てそのスキルを盗んだりとか、そういうことをしてるわけでは全くない。

仕事に関する基礎知識を知ることと、新人である僕達の考え方や物の見方を改革するのが目標らしく、今はよくわからない作業とかゲームとかディスカッションを行ってる。先輩達の試すような視線を浴びながら。


その研修の合間には先輩方(40歳前後)と話をしたりする(だべったりする)わけなんだけど、そんなちょっとした会話の中で感じたこと。
先輩達の物の見方は僕の大学6年間の延長線上にある。

物の見方、考え方、捉え方、気づき方、生み出し方、やり方、あと生き方。
似てる。というか全く同じ部分もあったりする。

詳しくは書かないが、僕の音楽の楽しみ方は、全く関係ないものを関連付けて化学実験してみたり、足を運ぶ全ての場所で何かしらアイディアを拾う努力をしたり、裏側から物をみたり、思いもよらない畑からアイディアを取り入れてみたり、とにかくそんな感じだった。
毎度毎度、頭を捻りながら、どうやったらおもしろい音楽になるか考えていた。

先輩達はそういったことを仕事にフィードバックさせるため、呼吸をするくらい自然にやってるっぽい。
そのせいか、引き出しが多いし、奥行きもある。弾数も多い。


6年そこそこの小坊主と20年のキャリアを第一線で積んできた先輩とでは差があって当然なんだけど、3年後くらいにはその差を埋められるようになっていたいなと思う。

経験、着眼点、頭の整理の方法。
う~ん、とにかく今の僕にはどれも全く足りなさ過ぎる。



まだ半月しかたってないんだけど、目標にできる先輩を3人見つけた。
これはすごく幸運なことだと思う。
僕もこんな姿勢で仕事ができるようになりたい。



話はちょっとそれるけど、僕が好きになる人、憧れる人の定義は、「僕にインスピレーションを与えてくれる人」なんですよね。僕の中に新しい風をもたらし新しい考え方を開拓してくれる人なんですよ。

大学時代に僕が仲良くさせてもらった人というのは、全てそんな人たちばかりでした。
もちろん打算的に人付き合いを選んでたわけではありません。自然とそうなってたんです。


そんな僕が、直感ですが、目標にしたいと思う先輩が3人も現れた。
ということは3人分の考えを吸収して、成長できる可能性があるわけです。成長できるかどうかは僕次第ですが。
こいつぁーウキウキします。
良くわからない人は学校の工作工房の主任さん(あえて名前は伏せる)が3人いると思ってくれたら良いです。


そんな環境にいるわけだから、楽しくないわけが無い。
世間一般で言うところの一流の社会人にはなれないかもしれないが、んなこたどうでもいい。
チャーミングでセクシーな人間になれるよう日々がむばる所存に候。

よし、明日も吸収だ。セルよろしく吸収だ。


今日の屁文句
いくらちゃーん、バーブー
[ 2008.04.16 | 戯言 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密