FC2ブログ
演出には答えが無数にある。
どれを選んでも間違いではないし、正解でもない。
ただ、それを選んだ理由が無いと失格。


作品を俯瞰で見て、そのテーマや役割をまず理解し、それから細かい部分に注目をしていく。
そうでないと、どう演出すべきかわからないはず。


完成形を思い描く。
そして、そこから逆算していけば、どこで何をすればいいのか、逆に何をしちゃいけないのかがわかってくる。


今日も濃かった。


嬉しかったことを一つ。
実習で課題を行ったのだが、尊敬している20才くらい上の先輩の演出と似たような演出をすることができた。
気持ち良いと思う感性が似ているのだろうと言われた。

ただし、作品中もっとも大事であろう部分の演出や細かーい部分では、到底及ばない大きな差があった。
簡単に言えば僕のは雑で洗練されてなかった。

そして、最終的に似たような形には一応なったんだけれども、演出をする前段階の土台の部分、テーマや全体図の把握について、深く考えきれていないということを指摘されてしまった。

直感的に組み立ててしまったんだけど、それじゃすぐに限界が来るだろうな。



今日の屁文句
考えることが多いからか、夜は良く眠れる。
[ 2008.04.24 | 戯言 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密