FC2ブログ
大げさなタイトルをつけてしまいましたが。

じぇんじぇんかい(前々回)のエントリにて音楽せざるにはいられないから、音楽やってんのよ、人間だもの。的なことを書きましたが、そこからもう一歩だけ掘り下げて考えたことを書きたいと思います。
stkの「音楽は第4の欲求」という言葉に触発されたので。



人って誰でも、自分という個体を誰かに伝えたい、表現したい、存在を残したい、知ってもらいたいって思ってんじゃないかなぁ、と。
程度の差はあれど。

その手法として、音楽やったり、かっこいいバンドのCDを友達に貸したり、ブログに思ってることを綴りまくったりする。
メールやケイタイをデコレーションしたり、ファッションだったりってのもそうか。
巷にあふれる巻き髪の量産型おねえちゃん達も、みんな同じに見えて主張が無いようにみえるけど、実は自分の感性はコレだという主張をしてる、ともいえるんじゃなかろうか。
メタラーが自分の好きなバンドのTシャツ着てるみたいに。


で、これって人間的な本能に基づいてて、人間なりの遺伝だったり種の保存方法だったりするのかなぁ、とか思うわけです。
伝える、教える、学ぶってのは、人間がある程度コントロールできる、一種の遺伝じゃないですか。
DNAに刻み込まれてたり、環境に適応するためのものじゃないけど。


うん、話の方向が怪しくなってきた。w

以前、爆笑問題の太田光が、身体的な変化以外にも飛行機やコンピュータなんかを含めて人間の進化とするべきなんじゃねーの?ということを言っていた。

あ、やっぱこの話やめよう。話がブレる。


人間て、他の種に比べて多様で複雑に体系化された表現方法をいくつも持ってるじゃないですか。
それを使って表現して、その表現を大多数が判断して、そこで受け入れられたものが残って、それをもとにしてまた新しいものが生まれてっていう流れがあるのかなぁ。

町内会のイベントとかそういうレベルの話でも、音楽の話でも。


なーんてことを考えてたんだけど、なんか大きい視点と小さい視点が混在してわけわかんないことになってますね。
小さい視点の、個人の表現だけについて考えるつもりだったのに。


出すこと、得ること、それを他人(他個体)と繰り返しあうことで、人間はそれぞれ個人単位で進化しようとしてて、それが本能的な欲求に基づいてるとしたらおもしろくねー?って感じで。


そして、それが多くの個体に認められる進化であり受け入れられたなら、人間全体の進化に繋がっていくのかなと。


今日の屁文句
シリアル、牛乳無くても、けっこーイケる。
[ 2008.07.08 | 戯言 | コメント: 2 | PageTop↑ ]

秘密