FC2ブログ
あーぴーとサッカーの長谷部誠選手がギリギリ似てないことが気になって、なかなか眠れません。


数日前の話になりますが、ふたご座流星群、見ました。

流星群が見やすい日に、偶然会社に財布を忘れ、家まで帰ってきたのに再度会社へ行くという幸運に恵まれまして、そん時にとっても大きく長い流れ星を見ました。
非常に長い間緑色に輝いていたので、人生で初めて、流れ星が見えている間に3度、願いを唱えることができました。

「しっこしてぇ」と。
ええ、ええ、非常事態でしたから。


流れ星が流れている間に願い事を3度唱えると叶う、なんて言いますが、あれ、ホントですね。
おしっこ、会社でできました。
つか、ぶっちゃけ願いを唱えるのは2回半くらいでも大丈夫みたいです。
その辺、わりとファジーです。


で、そのときに思ったんだけど、流れ星に願いをかけることができる人って、常日頃から自分の夢や願望でアタマが一杯なわけですよね。
もうその事しか考えられないくらい。
流れ星を見てから、願い事を唱えるなんて、実際できないわけですから。

そうすると、流れ星に願いをかけることのできる人は、自分の夢を常に意識して生きている人ということになる。

であれば、もう流れ星とか関係ないんじゃないかと。
自分の夢や願望でアタマが一杯ならば、それを叶えるために努力もするだろうし、その努力によってその人を取り巻く環境も変わってくるだろうし、そして人生そのものもそういう流れに変わっていくんじゃないかな、と。
そう思うわけですよ。


だから流れ星が願いを叶えるんじゃないんだな、きっと。
流れ星に願いをかけることができるほど、自分の夢や願望、目標を常に意識して、そして頑張らないとそれは叶わないよってことなんだろうね。
そういうことに気がついた。
僕ももっと目標でアタマを一杯にして頑張らないと。

それと、「おしっこしたい」ってのは願いというよりは生理現象だってことにも今気がついた。


今日の屁文句
さて寝よう。
[ 2009.12.17 | 戯言 | コメント: 4 | PageTop↑ ]

秘密