FC2ブログ
最初の1行だけ読め。


今日の輪講はやっちまった感がありましたが、皆様、その後お変わりありませんでしょうか?僕は1ヶ月後に控えた発表でうまくボケれるか不安でたまりません。

さてさて、今日は図書館でstk、@ndyらとラーメンズのDVDを見ました。友達に借りたとかで、一緒に見ないかと誘われたので食いつきました。昔はおもしろい人らやなぁという感想で終わっていましたが、今日改めて見てみると簡単にお笑いだとかコントだとかのカテゴリに入れてはいけない、入れられない人たちだなぁと思いました。どちらかというと彼らの"パフォーマンス"は演劇なんかの方が近いのかもしれない。大学に入っていろんなステージを見てきた上での感想は、彼らがすごく曖昧でユニークな領域の存在、自由な存在ということです。

芸人さんには、自分のネタの中でルールを作っている人が多いと思います。そのルールの中でおもしろいことをやるという・・・。それは芸の自由度を有る程度奪うものではあるかもしれないが、芸のより所というかそれぞれにとっての武器のようなものでもあると思います。いわゆる芸風というやつです。

俺で言えば、HEAVY METALだとかディストーションサウンドだとかになるんですかね。

ラーメンズは自分達にそういう意味でのルールをあまり作っていない気がする。ひょっとしたら彼らなりの何かがあるのかもしれませんが、俺にはそう見えました。
で、そのせいで自由度は高まるが、エンターテイメントという土俵にあがったら普通なら宙ぶらりんになってしまうんじゃないかと思う。そこを持ち前のアイディアや演技力で補いきっている。それがすごいといわれる所以なのかなぁ。


どうやったらおもしろくなるかというアイデアの持って行き方がお笑いと違う気がする。どういう内容をどういう演技で伝えればよいのか。そういった意味で、先にも述べたように演劇に近いのかもと思ったわけです。話術ではなく雰囲気。空気感?

なんにせよ、そういったふうに自分を自由にした上で大きな成果を挙げるというのは難しいことなんでしょね。俺はリスクが怖くて自由にはなれません。
もちろんひとつのことを極める、ということの難易度も高いですし、そっちの方が性に合っているのでそっちで勝負してますが。勝負してるつもりですが・・・。


今日の屁文句
最近ずーっとLYNYRD SKYNYRDばかり聴いている。

秘密