FC2ブログ
さて、学校の授業の一環として国宝の鐘の音を録音しに行ってきましたよ、コレ!バスに乗ってみんなで遠足気分。


マイクのセッティングで音のキャラクターが違ったのには驚いた。ここまで変わりますかー。しかしマイクを6本立てて録るということは、自然には聞えない音なのではないのか。

つまり、通常の場合、ある1点で聞こえる音を人は聞いているわけじゃないですか。それを6点で聞こえる音を空間を超越して同時に聞くということに疑問を思ったのですよ。

音楽のCD製作とかだったらマイクはたくさんいるのはわかる。全ての楽器の音がバランスよく、または狙い通りに聞こえるようにするために必要だと思うから。しかし音源一つに対してマイクを複数用意するのは何のため?その音を再現するためでは無くないですか?余韻やアタック音やまたはどっかの帯域を調整するため?それはナチュラルではないと思った。しかし、


マイクを通すことで少なからず音は変わる。それを自分の耳で実際に聞いている音に近づけるためにいくつかの場所で録った音をあわせるのだろうか?その調整によってより良い音に仕上げるのか?その音源が持つポテンシャルを引き出すということで。

あるいは、ノイズを減らすために音源の近くで録る。しかしそれだと偏った音しか録れない。そのためすごい近い場所と有る程度離れた場所で音を録るのだろうか?

あんまり録音に関して知識が無いので、よくわかりませんな。


今日の屁文句
最近やることが多くて楽しいですな。

秘密